耐火性能当社の技術自動車部品の開発で培われた
ゴム・樹脂の配合技術

自動車部品の開発で培われたゴム・樹脂の配合技術によって、膨張開始温度や熱膨張倍率の調整が可能です。

区画貫通部の耐火材イメージ
区画貫通部の耐火材イメージ

熱膨張性耐火材「バンテクト」シリーズについて

熱膨張剤を配合することで、火事における初期燃焼の温度で材料が膨張し、炎の延焼経路となる空間を遮断します。
3つの難燃化手法で燃焼サイクルを抑制します。ハロゲンフリーの配合設計で環境規制にも対応できます。

バンテクトMG発泡前後の写真
バンテクト SG-T 熱膨張前後の写真
燃焼メカニズムの図
材料の燃焼サイクル
難燃配合の消化イメージ
耐火材料の変化

各製品の熱膨張倍率データ

バンテクトMJ、SG-T

熱膨張開始温度、熱膨張倍率は配合調整により用途に応じた調整が可能です。

「バンテクト」シリーズ各製品の温度別膨張倍率データ

耐火材の開発ご相談ください

例えば
  • 自社製品にあった耐火材が欲しい。
  • 現場の作業時間短縮のため、施工性の良い製品に切り替えたい。
  • 新しい施工方法の製品を開発したい。
  • 販売ラインナップを増やしたい。
ページ上部へ戻る